カテゴリ: ぼやき


IMG_1688



昨日は飲み会でした!



結論から言うと、、、、



まじで疲れました。



そもそもお酒が苦手で
飲み会も苦手な私。

だけどお誘いは大切に、と思って、
参加しました。




職場の人で、
あまり交流したことがない方たちでしたが、
話してみると
「こういう人たちだったんだ!」
と思いました。



 






1人、めっっちゃ苦手なタイプの人がいて、


とにかく面倒くさい!!


コミュニケーション能力低い私は
上手に会話することができず
「苦手だわ、、」と思いながら
終始苦笑い。


ふいに気を抜くと素の顔になってしまって、
その瞬間いちいち
「今真顔になってたよ」
「俺の話興味ないでしょ(笑)」
「絶対に裏があるよね」

とか言われて、 
全部否定しときましたけど、

まじでしんどかった。。。





もう一人の女の子は
すごい気遣いできる子で
お話も上手で可愛くて、


私やっぱり向いてないなぁ、、と
思いました。
   

あーーーもう、

飲み会って苦手!!!


男性とも一対一のほうが
話しやすいし、 
飲み会特有のノリが苦手。



なんでみんな楽しそうに
できるんだろう?

いい年して、飲み会慣れしてないし、
自分の能力不足に落ち込みました。




でもやっぱり、
しんどければ無理して行かなくていいや。


飲み会好きな男の人は
あまりタイプじゃないし、

「誘われたら断らない」
「会社だって楽しいほうがいいから
みんなと交流深めたい」みたいな
方とは考え方も違うな、、と。


私は仕事は仕事で割り切ってるし、
本当に仲良くなれた人とだけ
仲良くしていたい。


誰とでも仲良くできる
コミュニケーション能力高い人は
憧れるけど、

自分もそうなりたい!とかは思わない。





「だから私結婚できないの?」と
思いましたが、 自分に合う人は
必ずいるはず。 



自分と同じ感覚の人、
考え方が似ている人と
一緒にいたい。





応援よろしくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

 
人気ブログランキングへ

[画像:be2ac9d5-s.jpg]

過去の話だけど、
私のことをとても好きになってくれた人が
いました。


4年前、私が上京する直前、
同い年の地元の男の子を紹介されました。


私はその時は東京の生活しか
見えていなかったため、
あまり興味が沸かなかったんです。


だけど、一度ご飯を一緒に食べようと
いうことで、友人夫婦の家で
数人でご飯を食べました。


第一印象は「良い人そう」。
大人しいけど、優しくて、
落ち着いている感じでした。


見た目も、わりとタイプなほうだったかも。
イケメンではないけれど、
優しさが滲み出た顔をしていました。




私はそのあと上京し、
今まで経験したことのない都会の生活に
刺激を受け、ワクワクしていました


すぐ地元に帰るつもりもなく、
これから仕事を探して、
東京を満喫するんだ!という気持ちでした。


色んな人と積極的に会い、
数ヶ月後、彼氏ができました。



地元の男の子は、
私に彼氏が出来たことを
私の友人を介して知ったようで、、。



そのあとも時々連絡をくれていたので、
私も友達として、連絡を返していました。



そして、
お盆休みに帰省した時に、
「ご飯に行かない?」と
地元の男の子から誘われて、、

「ご飯くらいいいかな」と思って、
二人で食事に行きました。


やっぱり彼は良い人だけど、大人しくて、
私が会話を盛り上げる側。


少し不慣れなのか、エスコートする力が
あまりないようでした(;´Д`)


都会の紳士的な男性を見ていたので、
少しガッカリしたことを覚えています。



聞き上手だけど、
話を盛り上げるわけでもなく、
ごくごく普通な会話。



だけど、ラインは続いていて、

彼氏と上手くいってないときにも、
ずっと相談していました。


彼は親身に答えてくれて、
いつも助けられていました。



しかし
私が彼氏と別れたあと、
地元の男の子の行動が少しエスカレート
してきました。


ラインがどんどん来たり、

私の趣味に合わせてきたり、

少し重く感じ始めました。




「やっぱりこの人を好きにはなれない」
「しつこい人は嫌」

と、我慢の限界がきて、
正直に伝えました。。。



彼はかなりショックを受けていて、
私も少し罪悪感がありました。



それからは全然連絡をとっていません。



噂によると、彼女ができたみたい。

友達は
「あんたのこと忘れられなかったみたいで、忘れるために彼女作ったらしいよ」

と言っていました。



今更だけど、
本当に自分勝手だけど、

こんなに想ってくれた人を
なんで大切にできなかったんだろうと

少し後悔しています。


今までも、
「この人は違う」
「好きじゃない」と思うと、
すぐに切り捨てていました。


もっと、相手に真剣に向き合うべき
だったのかもしれません。



出会いはいくらでもあると思っていました。



私のことをこんなに好きになってくれる人、
今後いるのかな?



愛されたほうが幸せなのではないか。


その方が結婚生活はうまくいく、とも
言います。


 

恋愛は、ドキドキしたりワクワクしたり
そういった刺激を求めますが、、


結婚は、また違う感覚だと思います。



彼となら、私の理想である
田舎でのんびりした暮らしが
できたのかもしれません。

お互いの実家も近くて、
両親のことも見られる環境だし、



結婚は、条件も絶対に大事で、

「育った環境が近い人」が
私の理想です。


あんなに温厚な彼だったら、
結婚生活はうまくいくんじゃないか?って

今更ながら思います。



自分の気持ちが一番大事だけど、
気持ちだけではなんともならないことも
あるし。



本当に考えれば考えるほど、
分からなくなりますけどね。




結婚しなきゃいけない、という 
世間のルールに、
焦っているのは確かです。



結婚ってなんなんだろうな。






ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


恋愛・結婚ランキングへ

[画像:50abbcc8-s.jpg]

2017年の流行語大賞は
「インスタ映え」と「忖度」に
決まったみたいですね。



私がインスタを始めたのは
2014年、東京に出てきた頃です。


東京の景色が新鮮で
どこを見ても楽しくて
なんでもないビルとか、
ごちゃごちゃしている人混みとか、
テレビでよく見たことのある駅とか、
なんでも撮りたかったあの頃。



そして、パンケーキブームが
やってきて、
私は流行りのお店に
2時間並んででも行って、
インスタに載せ始めました。

そして、地元のみんなに
自慢するように、
都会で人気のスポットを
見せつけて、 

「いいね!」稼ぎをしました。


羨ましがられることが
とても嬉しかったんです。



どこかに行く予定があれば、
「こういう写真が撮りたいな〜」
「撮ったらインスタに載せよう!」
と、常にインスタのことを
考えるようになってました。










 私もインスタにハマってたんで、
インスタの楽しさは分かります。

景色が綺麗な写真や、
食べ物の美味しそうな写真が
撮れたときとか、
友達と自撮りした写真が盛れた時とか、
嬉しいし、楽しいんです!



でも、他人の目を気にしながら
生きるのがしんどいっていうか
面倒くさくなってきて。


以前もこんな記事書きましたけど↓

インスタ見るのやめたら、ラクになった。


個人的にはもうインスタブームは
終わってます。




逆に全然インスタ更新しない人とか、
「最近元気してるかなぁ?」
って思ったりするし、
インスタ映えとか全く興味ない人とか、
周りに流されてなくて
カッコイイ!って思っちゃいます(笑)


毎回毎回、食べ物とか載せてる人とか、
「またかよ!」
「もういいよ」って
思うようになりました(笑)
前の自分も、
そう周りに思われてたんでしょうね(笑)







「リア充に見られたい」とか

そんなインスタに縛られた人生、
インスタに振り回される人生は
私には理解できません。





インスタ映えを目的に
行動している世の中って、、、
なんかすごい時代になってきましたね。




でもまだまだ流行りが続きそうな予感。


インスタの次はどんなものが
流行るんだろう。


次はどんな時代になるんだろうか。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

[画像:b505e51a-s.jpg]




実は私、30歳手前にして
転職回数6回!
THE仕事が続かない人間です、、。

全く自慢にならないですけれど。

中には契約での仕事で
延長できず退職というケースもありますが。





専門学校を卒業後、
アパレル会社の販売員になりました。


人と接することは
特別得意ではなかったですが
接客のアルバイト経験もあったし、
なにより服が好きだったので、
一度はやってみたい!と思い、就職。



接客の難しさ、
色んななお客様と話をする楽しさ、
自分が選んだコーディネートを
気に入ってくれ、購入して頂いた嬉しさ。


とてもやりがいのある仕事だと思います。


だけど、常に笑顔キープ、
すべてがお客様優先。
そして一日中立ちっぱで、
休憩中は完全に無でした



 


やっぱりお客様優先のため、
欲しい服があっても、在庫が少ないと
買えなかったり。
できるだけスタッフと
服が被らないほうが良いので、
先輩に気を遣い、我慢したり。
店頭から無くなった商品は
着てはいけなかったり。。。
(上下のどちらかであれば着てもいいけど、
先輩の目が気になりました。。)

だけど常にお店の服は買って行かないと
ダメだし。 
多少は社割がききますが、
支払いが追いつかず、先輩たちはツケで
買っていました。。。
(恐ろしい仕組み。。!)


月に6日、7日しか休みがなかったり。
土日は絶対に休めないし、
2連休以上は休みが取れなかったり、
GWや年末年始関係なく仕事だったり、
思ったより自由がなく、

だんだん不満が
溜まっていきました。



仕事が嫌だな〜と思っていると、
服は全然売れなくなるし、
だけど、個人売上も日報に載るので、
プレッシャーとの戦い。


先輩とお客様の
取り合いになったり。


たまにありません?
最初に接客してくれたスタッフがいたけど、
別のスタッフにも声かけられて
そのままそのスタッフに
接客されるパターン。


別のお客様の接客をしている間に
スタッフがサポートとして
助けてくれることもありますけれど、
そのまま自分の売上として
持って行かれることが

悔しくて何度も
クソーっ!!って
思ってました。




タイムカード押したあとに作業したり、
完全にサービス残業でしたね。




これは、
長く続けられる仕事じゃないな、
と悟り、
密かに次の目標に向かって
転職計画を立て始めます。



そして、
新たにやってみたいと思う
仕事が見つかり、
その仕事の
資格取得するために、

アパレル会社を1年で退職いたしました。




辞めた直後は
気持ちが晴れ晴れして、
すごく嬉しかったことを思い出します。







今もショッピングする時に
ショップ店員さんに接客されたりしますが

やっぱり大変そうだな〜、、と
いうイメージで、
戻りたいとは思いません。




もちろん仕事を否定しているわけじゃなく、

向き不向きがあるということです


服が好きで
人とお話するのも好き!って人は
向いている職業ですね。
特にそのブランドの服が好きって人は
なおさら。



私が働いていた会社が
取り扱っているブランドは
学生時代は好きだったんですけれど、
社会人になると系統が変わってしまい、
あまりそのブランドが
好きになれなかったりしました。



あとは大好きだったショッピングが、
楽しめなくなったこと。


仕事も自社の服しか着れないので、
休日用の服を買うのがもったいなくて、、、

別の会社のブランドの服も
大好きだったんですけど、
どうせ着れないし。。と思い、
ワクワクしなくなってました。
 



転職回数が多いことは、
マイナスなイメージです。
本当に履歴書書くのが嫌になります。
人にもこんなに転職してるなんて
恥ずかしくて言えません。。。

だけど、
そのマイナスをプラスに考えると、

石の上にも3年という言葉に
縛られすぎず、
ちょっとでも興味ある仕事に
チャレンジしてみる
のも全然アリだな!!とも思います。





やっぱり違うなと思ったら、
また違う仕事をやってみてもいい。


世の中にはいろんな仕事があるんだから、
憂鬱でツライ仕事を無理に続けるよりも、
いろんな経験をして、
いろんな世界が知って、
自分に合う職業を見つけるために
挑戦し続けることも大切です。



だって、
まだ人生経験の浅い
高校生、大学生のうちに
自分の一生を決められる人なんて
そんなにいないはず!!!


どんな仕事があるか、なんて
高校生のときは全然分からなかった。




若いうちはなんでも
チャレンジできるよ!

って言葉を信じて、
私も経験を積み重ねました。


人生は一度きりなんで、

やりたい事をやったほうが
いい!絶対!




私のこれまでの転職経歴については、
また次回書けたら書きます!!











ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村

人気ブログランキングへ

[画像:ebe2d5ce-s.jpg]


以前までのわたしは
暇さえあればインスタを見て、

週末お出かけしたら、
食べたものを載せたり、
風景を載せたり、
いわゆる「インスタ映え」を意識して
投稿していました。



ただ、最近そういう行動に
疲れてきてしまいました、、。


「いいね!」やコメント欲しさに
フォトジェニックなスポットへ行き、
自慢したり、見栄を張ったり。。


本来心から楽しむべきことが、
楽しめていないような気がします。



また、友達の投稿にも敏感になります。
朝起きて、まずインスタを開き
友達の投稿をチェック。
仕事の休憩中にもチェック。

いつも私の投稿に「いいね!」
してくれる人には、いいね返し。
 
全然「いいね!」くれない人は、
スルーでいいか〜。


って、
なんだかバカバカしいですよね。







地元の子たちは、
私のフォトジェニック投稿に対して、

子育て記録投稿。


例えば、

私「銀座の○○で○○食べてきました
  「プチ遠出で箱根行ってきました

と、ドヤ顔で投稿。



地元友達「娘、8ヶ月になりました

「息子が発熱で保育園お休みしました


と、逐一報告。

子育てママたちが
コメントしまくります。


私とは真逆な生活です。




もちろん子育てが大変なのは
わかってます。




でも、私には理解できない事だらけ。

気の利いたコメントも出来ないし、


自分とは違う人生をみんな送ってて、


私はなぜ、
みんなと同じ人生を
送れてないんだろうって




すごく羨ましいし
悔しいんです。




だんだんとインスタを見るのが
辛くなってきて、

みんなが大人になっているのに

私は、まだ変わらないままだ(T_T)って。




だからインスタ見るのやめました。


全く見ないわけじゃないけど
インスタの存在を忘れるくらい、
見なくなりました。


ふと気づいたときに、
みんな元気してるかな?って
見るくらいでいいじゃん。


便利なツールとして、
残しておいて、
必要なときに見たり投稿したり。



そう思えるようになってからは
人の目を気にしなくなったし、

他人のことは他人として、
自分のことは自分として、
考えられるようになった



毎週どこかにお出かけすることもなくなり、

節約できているし!!(重要)


今月から、ブログや
お小遣いサイト始めたんで
そっちに夢中で(笑)
今はインスタどころじゃないんですよね〜



まぁ、どこかに出かけたときは
記録用としてインスタを活用するくらいに
しときます♪♪



そして、また年末には地元帰るので、

会ったときに近況報告できれば
それでいい!!

今はあまり連絡取れてないので、
話したいことや聞きたいことが
たくさんあります



楽しみだなლ(´ڡ`ლ)




ランキング参加中です!
応援よろしくお願いします★

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ